日本語教師養成 420時間通信総合講座
講座概要
オーストラリアのシドニーにあるWJLC(ワールドジャパニーズランゲージセンター)から
受講する通信講座です。
期 間

1日1時間30分の学習で約1年、1日3時間の学習で約半年で修了できます。
ただし、半年より短い期間で修了することはできません。

マスター講座の受講期間は、2年です。
評価

講座を修了した受講者へは、WJLC日本語教師養成420時間総合講座の
CERTIFICATE(講座修了認定証)を授与します。
講師

英語圏での日本語教師指導歴25年以上の講師を中心に、担当講師は
個人指導にすぐれており、受講者はきめ細かい添削指導が受けられます。
また、課題や文法的なことだけでなく、日本語教授法全般に関するご質
問にも丁寧にお答えします。
受講料

420時間総合講座A$1,740(教材費、オーストラリアからの郵送料を含む)
受講資格

日本語が話せ、簡単な英会話ができる。
教 材

本講座の教材はWJLCで開発されたオリジナルのものです。
内容の質、ボリューム、学習しやすさ等々、実用性等々海外における
長年の日本語教育経験と研究のエッセンスが盛り込まれています。

【オリジナル教材】
  (生徒用)
   Spoken Japanese Beginners I
   Spoken Japanese Beginners U
  (教師用)
   教師指導要綱 I
   教師指導要綱 U
   日本語教授法直接法
   基礎口語日本語
   日本語教育全書
   CD 教師用 全4枚
   DVD 教師用  全9枚

【アルク出版】
  日本語教育能力試験に合格するための本
添削方法

インターネット(Eメール)・郵送・FAX
ワークシート提出

全20回(一般通信講座10回、マスター講座10回)
開校日

随時開講

日本語教師養成420時間通信総合講座の特徴と利点

特徴

 この講座は、日本語教師養成420時間総合講座を全て通信講座で受講するものです。
 受講者は、本校オリジナル教材、教師指導要綱、CD、DVDを使って学習を進め、
 日本語教授法に関する必要な知識とテクニックを身につけます。
 初めに一般通信講座を学習し、その後マスター講座に進みます。
 受講は定期的に規定の課題に対するレポートをワークシートに書いて提出し、
 担当講師からの添削を通して個人的な指導(コメント・評価)を受けます。 

【ワークシートの使用目的】
 ※ワークシートは、講座の内容が理解できているかどうかの確認と日本語教師として
  いつでも教壇に立てる準備のためのものです。
  あくまでも学習の中心は日本語教育全書の完全な理解であると心得ておいてください。

【注意事項】
 ※420時間の学習にワークシート作成の時間は含めていません。

利点

 通信講座の利点から以下の事が挙げられます。

 ・学習場所を選ばない
 ・学習時間及び時間帯を選ばない
 ・欠席などによる受講ミスがない
 ・毎回のワークシート提出時に個別の質問が2回までできる

お申込みから受講修了までの流れ

ステップ1〜5をご確認ください。
ステップ1
生徒

申込み・受講料納付
学校

申込み受付・教材一式送付
ステップ2
生徒

教材受取・受講スタート
第1回目のワークシート提出
学校

ワークシート受取、添削 、返送
ステップ3
生徒

前半の一般講座 ワークシート10回提出
※10回の添削指導を受けます。
学校

第10回目のワークシートを提出頂いた後、
日本語教師一般講座の修了証授与。
ステップ4
生徒

日本語教師一般講座の修了証を受領。
引続き、後半のマスター講座 ワークシート10回提出
※10回の添削指導を受けます。合計20回(420時間)
学校

後半、10回目のワークシートのご提出後、
WJLC日本語教師養成420時間総合講座の講座修了認定証授与。
ステップ5
生徒

WJLC日本語教師養成420時間総合講座の講座修了認定証受取。
受講修了。

一般講座のカリキュラム

[理論] [実践]
ローマ字表記法
日本語の発音とアクセント 
語順と助詞の紹介 
指示詞「これ、それ、あれ」 
イ形容詞とナ形容詞  
漢語と和語
動詞の四基本形     
辞書形、ます形、ない形、て形
14代表動詞  
助詞「は」と「が」の比較  
数詞と助数詞  
わたしとあなた
比較
形容詞の様々な用法
動詞、形容詞の丁寧体と常体  
アスペクト、ムード、ヴォイス、テンス  
派生動詞 
従属節 (条件節、関係節、原因節、
譲歩節名詞節、引用節) 
述語表現の分類  
敬語  
助詞の分類
補助用言・ひらがなとカタカナの表記法  
最初の授業での心構え 
発音のさせ方
例文の作り方 
説明の仕方 
様々な練習のさせかた 
ドリルの作成 
チャートの作り方
フラッシュカードの作り方
英語の使い方 
英語から日本語への移行 
効率の良い教え方 
時間配分 
質問への対応 
ポインターの使い方 
ホワイトボードの利用法 
文法事項の対処法 
アイコンタクトについて 
生徒との接し方
緊張とリラックスのバランス
生徒が教師に求めるもの
五十音表の使い方
マスター講座のカリキュラム

 ・ 世界の中の日本
 ・ 日本語教育の歴史
 ・ 国語史・日本語学史
 ・ 異文化間教育・異文化接触
 ・ 言語学・言語と社会
 ・ 言語と心理
 ・ 語彙・語構成
 ・ 音声学
 ・ 文法・文の成分・種類・談話
 ・ 文字表記・言語に関する一般常識
 ・ 日本語概論
 ・ 日本語教授に関する知識と能力
 ・ 海外日本語教師アシスタント業務ノウハウ

講師から一言

ほとんどの章の最後に検定試験対策の問題集を設けています。
これは必須ではありませんが復習の意味で是非とも力を試してください。
特に日本語教育能力検定試験合格を目指す人は全問に当たっておくことを
お勧めします。

※ご不明な点は、お気軽にメール又は、電話でお問合せください。

【お問合せ】
 メールは、こちらのメールでお問合せをクリック。
 お電話は、092-589-6800へご連絡ください。

 資料請求はこちらの資料請求をするをクリック。



※ご注意:メールブラウザーを機動した際、文字化けしている場合について
 大変お手数ですが下記メールアドレスよりお問合せ・資料請求、又は、お申込み下さい。
 その際、下記必要事項をメール本文にご記入ください。
 e-mail:info@world-lang.net

【メール本文への必要記載事項】
 
	@お問合せ内容 例:資料請求について 
	A送信者情報  お名前、フリガナ、email、性別、郵便番号、住所、TEL、FAX 
		    ※TEL・FAXは市外局番からご記入ください。 

TOP講座案内オリジナル教材受講生の声FAQお申込み方法学校概要お問合せアドバイス50集| |
ワールド日本語インスティテュート 〒816-0943 福岡県大野城市白木原4-13-47 恵ビル101号 TEL/FAX:(092)589-6800
アクセス:西鉄下大利駅より徒歩7分・西鉄白木原駅より徒歩5分・JR大野城駅より徒歩12分
福岡市,筑紫野市,春日市,太宰府市,小郡市,朝倉郡,朝倉市,那珂川町・筑前町近郊の日本語教師養成学校。
WLCの日本語教師養成講座で海外に通用する日本語教師を目指してみませんか。無料体験実施中。
Copyright (C) 2011 WORLD NIHONGO INSTITUTE. All Rights Reserved